Biography

Career

竹中健司
木版画作家 / 木版印刷摺師 / 有限会社竹笹堂代表兼クリエイティブディレクター
京都を拠点に日本古来の木版印刷技術を受け継ぐ木版画作家。色彩を巧みに操るその作風は海外からの高い評価を受け、ボストン美術館やホノルル美術館に作品を所蔵される数少ない現代作家の1人である。
竹中木版現当主竹中清八に幼少の頃から指導を受け、摺師として木版印刷の技術を習得。その技量を認められ5代目を襲名する。
木版印刷技術の振興・普及のために「竹笹堂」を設立し、代表兼クリエイティブディレクターとして木版印刷を活かした商品開発や企画提案を行う。また、日本国内で木版画教室を開催する他、アメリカ各地でのワークショップや、フランスなど世界各国での木版印刷の技法、歴史を調査するなど研究者としても活動する。

Kenji Takenaka
is a woodblock artist and the fifth of a print craftsman in Takenaka woodblock print studio established in 1891.
As he got the skills and touched many of fine arts, he gradually showed the talent of an artist who practices all of the process of woodblock by oneself.
He has held many demonstrations and workshops at the art galleries and museums of each country around the world to generalize the woodblock print.
His works are acclaimed and belong to The Museum of Fine Arts, Boston.

Interview

「ふと見上げた時に空がキレイだったから。だからいろんな空を描きたくなった。」
竹中のインスピレーションは彼の瞳の中に映るもの、漂う香り、流れくるサウンド、体で受けるその全てから湧き立ってくる。子どものように強い好奇心が美しいもの面白いものを引き寄せ、彼の直感を刺激して作品やアイデアを具現化させる。
彼の創作の軸は「遊び」にある。限界を感じさせない自由な発想と、未知の可能性を予感させる不思議な魅力をもって、何事も楽しむことでものづくりを行う。
木版画という枠を超えるのではなく、その枠そのものを広げて、伝統工芸や最先端技術、メディア、学術的分野など、様々な分野をフィールドに取り込み、「ただ面白いことをしたい」という純粋さで創作を続ける。

"The sky I looked up suddenly, it was so beautiful. That's why I want to draw various skies."
His origin of art is "Having fun". That makes him note a mysterious charm that makes ones feel free mindset and unlimited possibility. He creates his works by enjoying art, life and everything around him.
Kenji explores new possibilities of woodblock printing beyond the stereotype by expanding his field itself but not changing them and shows the fun of woodblock works and prints to the world.

Atelier view